2014クリスマス


by sigota21emerald

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

毎月定例の我が家でのクッキングパーティーです。

今回のメニューはカレーピラフ、牛肉のたたき、いかのマリネサラダ、シフォンケーキ、そしてクリスタルゼリーです。

d0172852_15553974.jpg

牛肉のたたき。

これは牛肉に塩、コショーをして回りにオリーブオイルを塗りつけ、各面を1分半づつ焼くだけ!
参加したお友達が教えてくれて実演してくれました。


d0172852_1643739.jpg



このボトルはブルーボトルといって中に浄水を入れるといい"気”を運びこんでくるという。
友達から聞いていいものはすぐに取り入れます。 お日様が差し込むとホントきれいです。

d0172852_16102731.jpg
d0172852_16431973.jpg


いかマリネサラダは黄、赤パプリカで彩りも良く、ドレッシングにマスタードをたっぷり入れて。
ピラフのカレー味が食欲をそしります。




牛肉のたたきは焼き加減がバッチリ!!ニンニクを埋め込んで焼き、グレービーソースをかければ
ローストビーフになりそう!!
d0172852_171072.jpg
d0172852_1714847.jpg






デザートはカフェオレシフォンケーキとクリスタルゼリー。
シフォンケーキはオーブンを使わずに お鍋をオーブン仕様に使い、1時間で焼き上げます。

卵5コと小麦粉、インスタントコーヒーと牛乳少々なので材料費250円也~



クリスタルゼリーとは浄水をゼラチンで固めたものに黄な粉と黒蜜をかけただけ。 さっぱりしていてこの時期うれしい一品。






話しはお料理だけでなく、エコ、健康、美容、女性が7人も集まればそれぞれの持っている情報交換がなされ、先日参加された方に「主婦力がアップするね。」と言われました。

今日も叉新しい方との出会いがあり、このようにして人と人が繋がっていく。。。このご縁を大切にしていきたいです。
[PR]
by sigota21emerald | 2010-07-29 17:44

トイストーリー3

娘と大ファンのトイストーリーの第3弾 トイストーリー3が上映されるというので楽しみにしていました。

d0172852_9503041.jpg
前売りのプレミアムチケットを買うとウッディ達の携帯ストラップのプレゼントがあるという。実家に来ていた娘が問合せたところ、東京、横浜の映画館では完売! ということで川越のローカルな映画館にはあるということで娘婿に買いに行ってもらいました。


d0172852_956914.jpg


娘がカナダ留学の時に買ってきたウッディの人形。

後ろのひもを引っ張ると「イーハーッ、カゥーボーイ!」とかしゃべります。


d0172852_1012635.jpg
d0172852_102589.jpg













プレミアムチケットの難点は当日、並ばなければいけないということで それは息子と彼女にあげ、
ネットで指定した予約席を機械でチケットに交換します。


案の定、その日は休日ということもあってすごい列の人、人、 子連れが多く、熟年夫婦は私達くらい、でも気にしなぁ~い!気にしなぁ~い!

d0172852_1018277.jpg








3Dで観るのは初体験! スクリーンと座席の間まで映像が飛び出してきます!

ユーモアとペーソスにあふれたストーリーとアニメとは思えないほどリアルな表情に感動しました。


d0172852_10222144.jpg








プレゼントのストラップは付けやすいように解体。

d0172852_10273789.jpg







携帯電話に付けて満足!満足!
[PR]
by sigota21emerald | 2010-07-23 10:34

快気祝い

先日、30年来の家族ぐるみでのお付き合いがあるアメリカ人夫妻が、アリゾナから来日していて、今年3月に1カ月ほど入院し、退院した主人の快気祝いをしてくださるとのことで夕食を共にしました。

場所は表参道から3、4分歩いた La Porte Aoyama の10階にあるフレンチのビストロ「BENOIT](ブノア)です。

d0172852_16595181.jpg


これから黄昏になる少し前の時間だったので まだ外は明るく、青山通りを行きかう車や
向かいにある青山学院大学がよく見えました。

d0172852_1714610.jpg
d0172852_1731614.jpg







中に入ると気取った雰囲気はなく、明るく暖かな部屋の感じは、まるで南仏の邸宅を彷彿とさせる
ものでした。

壁際に飾られていたのは 実際にフランスの蚤の市で売られていたアンティークの素焼きのポットやお皿たち。  こんなところにも温かみが感じられます。



d0172852_17342531.jpg
d0172852_17492019.jpg
d0172852_17504931.jpg

まずは冷えたワインでカンパーイ!!

お医者さんでもある彼からは医者の立場からのアドバイス、ビジネスの成功者でもある彼女からはポジティブな言葉やフレーズを書いたカードが入院中から叉退院してからも何通も届き、どれだけ励まされたことか。。元気になった主人を見て本当に喜んでくれました。

私が頼んだのは牛肉の手刻みタルタル  適度なスパイスと口に入れるととろけるような舌触りでグッド!!


彼のは牛ランプステーキでスペシャルな胡椒のソースをかけていただきます。




話しは年金のことからや政治のことまで(少し難しかったけど、、)
最後はこれからのこと。 ゴルフが大好きな彼は近くのいいコースでも3000円位でできるのでよく行くとか。 家は5人の子供達が独立してしまった今、20部屋もある豪邸に二人で住んでいるので、私達に、娘夫婦と是非ゴルフをしにいらっしゃいということで リタイヤーしたら行こうと思っています。

d0172852_184314.jpg




帰るころにはすっかり辺りも暗くなっていて 天井から吊るされている幻想的なろうそく
のシャンデリアがお見送りしてくれました。
[PR]
by sigota21emerald | 2010-07-11 18:45

三浦 ひろみ日本画家展

d0172852_2162387.jpg



ビジネスを通して知り合った方がタマプラの東急で5回目の個展を開くということで
行ってきました。






その方は三浦 ひろみさん  多摩美の日本画科を卒業、エッチングなども手がけ、
ロサンゼルス「カウンティ美術館」「米国連邦議会図書館」に所蔵されているとか。

d0172852_21354946.jpg

元々墨絵を描いていた彼女でしたが 最近は墨と絵筆で絵を作る技法に変わってきているという。
筆の先々まで神経を注いで描かれていて絵の一つにも魂が込められていました。

d0172852_2149980.jpg


ききょうでしょうか? 目にもまぶしい紫色が目
に飛び込んできます。

d0172852_21524662.jpg
d0172852_21532719.jpg

















お花の絵だけでなく 人物像、これは男の子、作者のやさしい心が筆の隅々にまでも映し出されています。

d0172852_2221369.jpg

























この方が三浦 ひろみさん。モノクロームの究極の美しさと斬新でモダンな絵は彼女の凛とした生き方にマッチしているようでした。

次回は8月初旬から六本木 国立新美術館 「現代水墨作家展」に出展されるそうです。
[PR]
by sigota21emerald | 2010-07-05 22:16