2014クリスマス


by sigota21emerald

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

以前 ご近所に住む 主人の大学時代からの友人宅でお呼ばれした時にいただいた らっきょう、主人の好物の一つで 時期になったら作り方を教えてもらうことを約束してそろそろ1年、その時期がやってきました。

らっきょうは血液をサラサラにする効果もあるとか。  我が家では欠かすことのない食材だけに 手作りできたら体にだけでなく、お財布にもやさしいダブルで嬉しい“手作りらっきょう”です。

d0172852_20504629.jpg

まずは洗って薄皮を剥がす作業。  

ほとんどは主人の口に入るので手伝ってもらいます。







d0172852_20543693.jpg


頭としっぽを切り落として形を整えて 熱湯をかけたら 消毒したびんに入れ “おたふく”のらっきょう酢を注ぎ “たかのつめ”を入れるだけ。




後は1日に2~3回上下を返して1週間。 その後は冷蔵庫で保管して浅漬けはもうすぐ食べれるのだそうです。
らっきょう作りの後はいつもの~お楽しみ大宴会~  068.gif 069.gif

d0172852_21123722.jpg













d0172852_21322686.jpg


モモコちゃんも1杯どうぞ!!








d0172852_21362050.jpg












d0172852_21403134.jpg












d0172852_21413583.jpg













d0172852_21422667.jpg













「今日は手巻き寿司よ」と言いながらサクサクと手軽に肴の数々を作ってくれます。 さすが飲むこと、食べることが好きなお二人です。 食材にもこだわり 地元のお魚屋さんとは 大のお得意さんだけに 顔を見るだけでいつもの好物を出してきてくれるとか お野菜も地物にこだわって売っている所を教えてくれました。

気がつけばビール→ロゼワイン→日本酒→白ワインと二人はケロッとしています。 主人ともどもリタイヤ組なので次に日のことも気にせず心ゆくまで楽しみました。  そんな時 リタイヤした幸せを感じるみたいですね。

主人にまた一つ 1日にらっきょうの瓶を3回ひっくり返すという大仕事が増えて嬉しそう!! 
                037.gif    












 
[PR]
by sigota21emerald | 2012-05-27 22:15
7年前に あるイベントのスタッフとして出会い 好奇心旺盛、チャレンジ精神旺盛、そして美味しいものを食べるのも飲むのも大好きな3人はたちまち意気投合して“Bijin会”を結成。 心身ともに“美人”を目指す私達にとって貴重な情報交換の場として 毎回楽しみにしている私達です。 早いもので結成して6年がたちました。

前回の“白州邸”に続いて 半年ぶりに再会したのは 三井ガーデンホテル銀座プレミア16階にあるレストラン"Sky"にて。

d0172852_20521539.jpg

16階からの眺めも素晴らしく、遠くには東京湾を望み、
 スカイツリーが取り沙汰されている昨今、東京タワーがかわいらしくにも見えて。




d0172852_214766.jpg

種類の多いイタリアンの前菜とデザートはバイキング。

ワインにぴったりのアミューズ・ブーシュたちをお皿に乗せたら幸せ気分いっぱいに! 





d0172852_2121053.jpg


都会の高層からの眺めも「香港みたい!!」(私は行ったこともないのに)盛り上がり。。。







d0172852_21273096.jpg













一人ひとり活躍している場は違っても 価値観、方向性は一緒です。 今チャレンジしていること、これからやってみたいこと、抱負をそれぞれ語ってエールを送りあえる仲間 私には大切なお二人です。


次回は9月に お仲間の甥子さんがシェフに修行中のお店「PABELAIS 代官山」に決定!
口コミランキング1位のお店だそうで 今から楽しみです。
[PR]
by sigota21emerald | 2012-05-19 21:39
先日13日の母の日の日曜日、 我が横浜カルバリーチャペルにルーマニア出身の歌姫 “アマリア”さんを招きコンサートが開かれました。

d0172852_158519.jpg


ルーマニア祖国の最高峰ジョルジェ・エネスク交響楽団でソプラノ歌手として活躍、 ヨーロッパ、アジアに活動の場を広げ、日本では小沢征爾氏の指揮によっての歌手活動も行うほどの実力を持つプロのソプラノ歌手。

その声の美しさは聴く人の心と魂を揺さぶり、 これほどにまで素晴らしいアメイジンググレイスは今までに聴いたことがなく、
そして 美しい歌声と共に、私の心にしみ込んだ「平和の祈り」の中のフレーズは 無意識のうちに 人に求めてばかりいる私達の心の奥に送りこまれていくメッセージでした。
    
      わたしを平和」の道具とさせてください。
         慰められるよりも慰めることを。
         理解されることよりも理解することを。
         愛されることよりも愛することを。


90分のトークをはさんででのコンサートが終わって会場を出る時には 心が温かいものでいっぱいに満たされ、大きな力がふつふつと沸いてくるのを感じました。  音楽の持つ力はすごいものですね。


         <  おまけ  >

d0172852_16115833.jpg

先日息子夫婦からいただいた 母の日のカーネーション。

いくつになってもお花をいただくのは嬉しいものです。

ありがとう!



コンサートから帰ってきて以前どこかで目にし、メモしていた言葉を思い出しました。

      一生の終わりに残るものは
         われわれが集めたものではなく
         われわれが与えたものである 
                 - ジュラール・シャンドリー 


私は人になにを残せるかな。。。
     “笑い”だけにならないようにこれから努力していきましょうっと。。。058.gif
[PR]
by sigota21emerald | 2012-05-15 15:59